種類によって異なりますが、美容液は洗顔後、化粧水で保湿をした後につけるものが多いようです。

美容液を使う手順

使用する化粧品のメーカーにもよりますが、一般的には、洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリームの順番につけていきます。水分の多いもの→油分の多いものの順番につけていくことで、水分や有効成分が肌に効果的になじむのです。

その他にも美容液には洗顔後に塗るタイプもあります。洗顔後は水分が蒸発しやすく肌が乾燥しやすいために、化粧水や美容液で肌に水分を補い、肌の水分と油分のバランスを整えるために乳液やクリームを使い、油分で肌をバリアするのです。

また、美容液によっては、ファンデーションの前につけて、ファンデーションのノリをよくしてくれるものもあり、化粧下地の代わりにもなるので便利です。

美容液は十分な量を手にとり、顔全体にしっかりとなじませます。種類によっては、気になる部分だけにつけたり、顔全体になじませた後、気になる部分にもう一度つける場合もあります。保湿と美白など、保湿用の美容液プラスほかの美容液をつける場合には、保湿用の美容液を先につけてから、もうひとつの美容液をつけましょう

水気の多い美容液と油分の多い美容液をつける場合、先に説明したように、油分の多い美容液を先につけてしまうと、肌にきちんと浸透しないので、水気の多い美容液を先につけるようにしましょう。

どの美容液にどれくらいの油分が含まれているのか分からない場合は、サラッとしたテクスチャのものから使うといいと思います。 

ラインで使ったときの効果

アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジのサンプルセット美容液の効果を高めるためにも、化粧水、美容液、乳液、クリームなどの基礎化粧品は、同じメーカーや同じブランドなど、ラインで使用することをお勧めします。

一部、肌に合わないものがある場合は別ですが、単体で使ったり、さまざまなメーカーのものをバラバラに揃えるよりも、化粧水、美容液、クリームをラインで使用するほうが、浸透力もアップし、それぞれのもつ効果を最大限に引き出します

メーカー側もラインで使うことを考えて製造しているので、揃えて使ったほうが、より高い相乗効果が得られるのです。

たとえば、アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジの場合、化粧水には保湿成分が美容液レベルで配合されています。
美容液にはコラーゲンなどを生み出す細胞の増殖をサポートする成分を配合。

つまり、両方を使用することで、アンチエイジングに欠かせない保湿と、細胞レベルでのエイジングケア成分をしっかり補ってパーフェクトなスキンケアができる内容になっているわけです。

好きな化粧品を自分でチョイスしたい!というこだわり屋さん以外は、ライン使いがおすすめですよ。

アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジについて詳しくはコチラheart01