シミの種類と対処法

30歳を過ぎた頃から、顔にシミができ始めたという人は多いと思います。シミにはいくつかの種類があり、その種類によって対処法も異なります。

肝斑(かんぱん)

  • <特徴>
    30~40代の女性に多く見られる。両頬や額、鼻の下、顎などに左右対称に現れる。輪郭がはっきりせず、もやっと広がったような形状。薄い褐色。
  • <原因>
    女性ホルモンが影響していると考えられていて、妊娠や経口避妊薬の内服により発症したり悪化したりすることが多い。また、ストレスにより発症・悪化することもあるため、ストレスも影響していると考えられている。
  • <対処法>
    紫外線を避ける。ストレスをためない。洗顔やマッサージなどで肌に強い刺激を与えない。内服薬(トラネキサム酸)による治療がもっとも有効といわれている。

炎症性色素沈着

  • <特徴>
    日焼けやニキビあと、火傷あと、化粧品かぶれ、傷あとが原因でできてしまったシミ。皮膚が弱かったり、疲れやすい人にできやすいといわれている。
  • <原因>
    刺激により皮膚が炎症を起こし、色素細胞が刺激されてメラニンが増加することでできる。ムダ毛の処理や虫刺され、香水や薬などが原因で起こる場合もある。
  • <対処法>
    時間が経てば徐々に薄くなっていくが、紫外線を浴び続けたりすると濃くなり、取れにくくなるので、紫外線を避けること。ピーリングや美白化粧品も有効。ひどくなってしまった場合は、レーザー治療もひとつの方法。

老人性色素沈着

  • <特徴>
    顔や手の甲、前腕など、日光に当たりやすいところにできる境界線のはっきりしたシミ。若い頃から浴びてきた紫外線が蓄積されて、シミとなって現れる。大きさは5ミリから20ミリくらいが多い。20代で現れる人も少なくない。
  • <原因>
    子どもの頃から浴びてきた紫外線が蓄積されたもの。日光に当たる時間が多かったり、ノーメークでいることが多かったりする人に起こりやすいといわれている。
  • <対処法>
    徹底的に紫外線を避ける。夏だけではなく1年中、紫外線を浴びないように、日焼け止めなどを使って紫外線に当たらないようにする。薄いものであれば美白化粧品やピーリングが有効。濃くなってしまった場合は、レーザー治療で除去することも可能。

ソバカス

  • <特徴>
    目の周りや頬にできる薄色の小さな色素斑。遺伝的なもので、幼少期から出始め、思春期にはとくに増えるといわれている。
  • <原因>
    遺伝性が高く、両親のどちらかがソバカス素因を持っていれば、子どもも出る可能性はあります。紫外線を浴びると色素沈着が進み、ソバカスが広がったり濃くなったりする。
  • <対処法>
    紫外線を浴びないこと。遺伝性の高いものなので、完全除去は難しいとされているが、ケミカルピーリングやレーザー治療も効果があるといわれている。

くすみの対処法

シミとともに、年齢を重ねていくと気になってくる肌のくすみ。くすみは

  • 血行不良
  • 紫外線
  • 乾燥
  • 睡眠不足

などが原因となって起こります。

そのため、くすみを予防するには次のような対処法が考えられます。

  • 適度な運動をして血行をよくする
  • 日焼け止め、UV効果のある化粧品で紫外線を防ぐ
  • 肌の保湿を心がける。洗いすぎると乾燥するので、洗顔のし過ぎに注意する
  • 十分な睡眠をとるように心がける

肌がくすんでいると、実年齢よりも老けて見られてしまうことも。毎日の生活からくすみを予防して、若々しい素肌を保ちたいですね。